日本聖公会 京都教区 奈良基督教会/礼拝堂は国の重要文化財となっています

 

礼拝堂

奈良基督教会礼拝堂

奈良キリスト教会は、奈良在住の信徒とアメリカ人のジョン・マキム牧師によって1885年 (明治18年)伝道を始め、 2年後に現在の地の近く(花芝町)に教会を開きました。この 教会は後に現在地の正門の辺りに移築しましたが、 1930年に現在の礼拝堂と、附属する 会館を新築して今日に至っています。 附属する会館には、1930年開設の親愛幼稚園があり、また教会の敷地内にはマリア館と、 1989年新築のシオンホールがあり、様々な催し、活動に使用されています。 牧師館は北門を入った左奥にあります。 奈良キリスト教会は、16世紀英国における宗教改革の流れを汲む日本聖公会に属していま す。 聖公会は、12使徒時代からの古い伝統を継承しつつ時代とともにそれを改革してきました。 現在、北米・アジア・アフリカなど全世界で31の聖公会(信徒数約7000万人)が一致の 交わりを保っています。 日本には19世紀半ばに伝えられ、国内に約320の教会と立教学院・平安女学院・桃山学 院・プール学院・ また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続 けています。

教会堂と幼稚園舎は2015年7月に、国の重要文化財に指定されました。


司祭紹介

 

司祭 ヨハネ井田泉

司祭 ヨハネ井田泉

 

焼いた魚~復活のイエス

「彼らが喜びのあまりまだ信じられず、不思議がっているので、イエスは、『ここに何か食べ物があるか』と言われた。そこで、焼いた魚を一切れ差し出すと、イエスはそれを取って、彼らの前で食べられた。」24:41-43

復活されたイエスは、ご自分が生きていることを何としても弟子たちに分からせたいと切に願われました。
「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、わたしにはそれがある。」
そう言ってイエスは自分の手を見せ、足を示されました。それでもまだ弟子たちは信じられないでいるようなので、イエスは焼いた魚を取って皆の前で食べられました。
わたしたちが迷ったり疑ったり、不思議に思っているとき、イエスご自身がわたしたちにご自分を示し、働きかけて、わたしたちを命と喜びで満たしてくださるのです。

 

 

 

 

 

 DSC04128

司祭 セシリア 大岡左代子 (副牧師)