日本聖公会 京都教区 奈良基督教会/礼拝堂は国の重要文化財となっています

 

礼拝堂

奈良基督教会礼拝堂

奈良キリスト教会は、奈良在住の信徒とアメリカ人のジョン・マキム牧師によって1885年 (明治18年)伝道を始め、 2年後に現在の地の近く(花芝町)に教会を開きました。この 教会は後に現在地の正門の辺りに移築しましたが、 1930年に現在の礼拝堂と、附属する 会館を新築して今日に至っています。 附属する会館には、1930年開設の親愛幼稚園があり、また教会の敷地内にはマリア館と、 1989年新築のシオンホールがあり、様々な催し、活動に使用されています。 牧師館は北門を入った左奥にあります。 奈良キリスト教会は、16世紀英国における宗教改革の流れを汲む日本聖公会に属していま す。 聖公会は、12使徒時代からの古い伝統を継承しつつ時代とともにそれを改革してきました。 現在、北米・アジア・アフリカなど全世界で31の聖公会(信徒数約7000万人)が一致の 交わりを保っています。 日本には19世紀半ばに伝えられ、国内に約320の教会と立教学院・平安女学院・桃山学 院・プール学院・ また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続 けています。

教会堂と幼稚園舎は2015年7月に、国の重要文化財に指定されました。


司祭紹介

 

司祭 ヨハネ井田泉

司祭 ヨハネ井田泉

 

「その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。

『見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。』」ヨハネ1:29

イエスが自分のほうに来られる。自分を目指して、自分に向かってイエスが来られる。

それをヨハネは見ました。

このヨハネはイエスの弟子のヨハネではなく、洗礼者ヨハネ、イエスに洗礼を授けたヨハネです。

自分に向かって来られるイエスを見て、ヨハネははっきりとイエスを知りました。

言葉が口を突いて出ました。

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」

この方が世の罪を取り除かれる。そのためにこのイエスは、自分の命をささげて、血を流して、死なれる。

この方からこの世界と人間のほんとうの救いが起こる。そうヨハネは感じて、この言葉が口をついて出た

のでした。

hato2

♪神の小羊の 御座(みざ)に出ずる

とうとき血しおの 泉を見よ

(古今聖歌集338)

 

奈良基督教会の洗礼盤には、神の小羊が刻まれています。神の小羊イエス・キリストは、ご自分の受難によって

わたしたちに永遠の命を与えてくださいます。

 

司祭 セシリア 大岡左代子 (副牧師)

DSC03723