「わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むとうことを。」

ローマの信徒への手紙5章3節〜5節


************ 復活前主日 *************4月13日発信
今週のメッセージ

「兵士たちは出て行きと、シモンと言う名前のキレネ人に出会ったので、
イエスの十字架を無理に担がせた」

ヨハネによる福音者27章32節
†††††††††††††††††††† 〜〜〜〜〜〜主日の黙想〜〜〜〜〜  †††††††††††††††††††† 

十字架を共に担ごうとする愛の業こそイエス様の思い

受難週には、グロテスクな絵画などを見たり、断食などの苦行が古来、行われています。
でも、私たちはどんなに想像を研ぎ澄ませたり、苦行をしてもこの時、
イエス様が受けられた苦しみには及ぶことはできません。
何故なら、イエス様は
この時、イエス様と共にいた全ての人々の罪
(暴力、弱さ、侮辱、憎しみ・・・)そして、将来の私たちの罪をも、
神との和解のために受け入れてくださったから
です。
私たちは受難物語を過去の出来事として思いがちです。
でも十字架のドラ
マは、今を生きる私たちと重なり合っています。
イエス様は今も「小さな者」とな
っていつも私たちのそばにおられます。
そのような中、私たちはこの「小さなイ
エス様」に対し、
祭司長や長老たちやピラト、ローマ兵、また通行人や扇動され

群衆のように振る舞っていないでしょうか?
イエス様は、シモンのように一緒
に十字架を担いでくれる愛のわざを求めておられます。


「オープンチャーチ」 オープン
次回日時 4月23日(水)10:00−16:00
お好きな時に お好きなだけ お越しください
場所:教会一階ホール

教会概要
 大津聖マリア教会についての詳細な情報

教会スケジュール
 教会のスケジュール《4月10日更新》

教会建物補強と保存修理工事の状況 第3期工事
工事中の写真を掲載しております。(4月18日)

月報「マリア」から
 最新の説教【月報送付(無料)ご希望の方は牧師までご連絡下さい。】

日曜学校
 当教会の日曜学校の活動について

教会への地図
 教会の最寄駅からを記載しています。

リンク集
 相互リンク希望の方は下記連絡先へ

青年会
 自称青年の若い人達の活動記録と案内


日本聖公会 大津聖マリア教会
〒520-0044 大津市京町1-2-21
Tel(077)522-6144
Fax(077)524-8343

ブログランキング
教会責任者 E-mail: otsumaria.kyoto@nskk.org