聖公会とは?

 16世紀の宗教改革の影響を受け、ローマカトリック教会から英国独自の改革を行い、
 英国国教会が成立しました。それが『聖公会』の始まりです。
 聖公会はカトリックの伝統を大切に保ちながら、
 カトリック教会とプロテスタント教会との中道を歩む「橋渡しの教会」としての役目も
 担っています。
 また、日本聖公会(Anglican/Episcopal Church in Japan)には、現在300の教会、
 聖路加国際病院、立教大学(東京)、バルナバ病院、プール学院、桃山学院(大阪)等、
 多くの学校、病院、福祉施設が存在します。


川口基督教会のあゆみ

 「川口居留地」と呼ばれたここ川口町では、多くの来日宣教師たちが伝道をはじめ、
 いくつものミッションスクールや病院などが建てられました。
 1869年、長崎から大阪にやってきた米国聖公会宣教師C.M.ウィリアムス主教は、
 川口に移住し、1870年、英学講義所を開校するとともに、英語による礼拝を始めました。
 これがこの地でのキリスト教宣教の始まりであり、当教会の第一歩となりました。
 そして、1881年に教会が設立され、1920年に現在の礼拝堂が建設されました。
 1950年には、大阪教区主教座聖堂となりました。
 しかし、1995年1月17日の阪神・淡路大震災では、教会も塔が倒れ、
 礼拝堂も大きな被害を受けました。
 一時は取り壊しかと思われましたが、世界中の人々の力に助けられ、
 1998年に礼拝堂が復元されました。

                  
    1995年 阪神・淡路大震災直後               現  在