彼が担ったのはわたしたちの病 
彼が負ったのはわたしたちのいたみであったのに
わたしたちは思っていた。神の手にかかり、
打たれたから 彼は苦しんでいるのだ、と
彼が刺し貫かれたのは わたしたちの背き
彼が打ち砕かれたのは わたしたちの咎のためであった
彼の受けた傷によって、わたしたちに平和が与えられ
彼の受けた傷によって、わたしたちは癒された