2017年 冬の訪れ

今年もあと2ヶ月ですが11月と12月はキリスト者にとってとても大事な月です。

伝統的にキリスト教は11月1日を「諸聖徒日」、2日を「諸魂日」として守ってきました。
東京教区でも、これらの特別の日に、そして11月月全体を通して、すでに天に召された人々の魂が安らかに憩われますように、
神様にあって聖徒との交わりを深め、また残された人々の上に、限りのない神の慰めが与えられますように祈りをささげます。

そして12月に入りますと、12月3日からわたしたちは「降臨節」を迎えます。
クリスマス、すなわちイエス・キリストのご降誕を待ち望む期間である「降臨節」は二つの意味を持っています。
先ずひとつには、神の子がこの世に来られたご降誕を祝うための4週間の準備期間であり、
同時にこの期間は、その主のご降誕を準備することを通して、終末におけるキリストの来臨を待ち望むために心を深める期間でもあるのです。
この二つの意味から、キリスト教はこの時期には「喜びの中で目を覚まして待つこと」、「希望」、「悔い改め」を強調してきました。

そして12月25日のクリスマスを迎えます。
東京教区の各教会・礼拝堂は皆さんと共に主イエス・キリストのご降誕を喜び祝うために礼拝と行事を準備しています。
クリスマスの礼拝にお越しいただき一緒に祈りをささげ、共に交わりを深めましょう。

 

ぜひ教会にお越しください!
お待ちしております。