降臨節前 光の礼拝

11月23日(日)聖アンデレ主教座聖堂にて、大畑喜道主教司式、山口千寿司祭説教による降臨節前 光の礼拝が行われた。

01 (1)
02

2014年 教区墓地礼拝

11月3日(月・休)小平墓地において、大畑喜道主教司式説教による東京教区墓地礼拝が行われた。 礼拝出席者:320名 陪餐者:250名

001
002
003

大齋始日 灰の祝別の礼拝

2月13日(水)聖アンデレ教会礼拝堂にて、大齋始日 灰の祝別の礼拝が行われた。

司式:笹森田鶴司祭 補式:小笠原忍司祭、小野里俊一執事 
サーバー:後藤務 奏楽:大畑敦子 説教:大畑喜道主教。

2013/ 2/13 11:22
0214-2 0214-3
説教(PDF)

ブラザー・アンドリュー講演会

7月14日(土)聖アンデレホールにて、ブラザー・アンドリュウーの講演会が開かれた。エルサレム教区の現状とヨルダンにおける聖地ろうあ子どもの里の働きを精力的に話された。

002
003
004
001

合同堅信式

5月20日(日)東京聖アンデレ主教座聖堂にて、大畑教区主教の司式、説教にて合同堅信式行われ、14名の方達が堅信を受けられました。

2
3
1

被献日前の光の礼拝〈キャンドル・マス〉

1月29日(日)聖アンデレ主教座聖堂にて被献日前の光の礼拝〈キャンドル・マス〉が行われた。
司式は笹森田鶴司祭、説教は小笠原忍司祭、式典長は後藤務、奉唱は東京教区聖歌隊。

 0129-1 0129-2
 0129-3 0129-4

2012年 新年礼拝

1月7日(土)聖アンデレ主教座聖堂にて教区新年礼拝が行われた。 司式説教は大畑善道主教、式典長は下条裕章司祭。

1
2 3

説教(PDF)

チェルノブイリ救援活動を通して福島を考える

東京教区正義と平和協議会は、12月3日(土)14時より「チェルノブイリ救援活動を通して福島を考える」というテーマで、緊急講演会を開催し、多数の参加者があった。講師は、NPO法人チェルノブイリ救援中部の運営委員、池田光司さん。

壌汚染の状況についてチェルノブイリと福島とを比較する講師の池田光司さん。
壌汚染の状況についてチェルノブイリと福島とを比較する講師の池田光司さん。
会場の参加者から、放射性物質の比較、避難の範囲、被爆の程度、人体に与えた影響、放射能汚染の特異性:見えない、臭わない、感じない、という問題などについて質問が出された。
会場の参加者から、放射性物質の比較、避難の範囲、被爆の程度、人体に与えた影響、放射能汚染の特異性:見えない、臭わない、感じない、という問題などについて質問が出された。

秋の教区会閉幕

東京教区第117(定期)教区会が11月23日(水・休日)、聖アンデレ主教座聖堂・聖アンデレホールで開かれた。議長教区主教のほか教役者議員、信徒代議員、番外議員ら130人近くが出席。教区主教の開会演説に続き、諸委員会12年度活動計画と教区会計予算など議案8件の審議が行われ、7件を承認可決、1件を継続審議とし春の教区会に最提出することとなった。その間に日本聖公会総会代議員選挙も行われ、定刻17時に終了した。[関連記事を教区時報12月4日号に掲載]