鉢の会


 

概要

*鉢の会は、2002年、旧牧師館前に花壇を作り、十人余りの花好きが種苗を持ち寄って育てたり、秋のバザーやイースターなどに花の店を開いて参加するなどの活動を始めたことから生まれました。

2010年、三光教会の新聖堂の完成に伴い、鉢の会には『新聖堂に相応しい前庭の整備』という新たな役割が求められることとなり、会は20113月、会費制の会員を募り、『聖堂周辺の花壇の造成と維持』『祭壇花の栽培』『庭樹、花奔類の手入れ』等を目的とする奉仕グループとして再発足しました。

119月末現在の会員数は35名(男8名、女27名)です。

 

 

活動

20125月末現在、事務棟南側のA花壇、聖堂西側窓下のB花壇の造成を終わり、8個のコンテナで祭壇花を育てています。パンジーほかの草花、チューリップ、フリージア、水仙に続いて、つる薔薇、スカシユリ、アルストロメリアといった花達が次々に庭を賑わせており、イースター以降、毎主日、聖壇に献花出来るようになってきました。

20124月中旬、男子会の協力を得て、前庭南東の香蘭女学校に通じる斜面の造成に踏み切り、約一週間の作業で崖の整形と芝の植え付け、通路の整備を行いました。

*現在ベストリー北側の空き地にC花壇を増設して、教会員から献品される花苗や、花壇で増殖した球根類などの栽培スペースとする準備を進めており、秋のワーク・キャンプを機に着手したいと考えています。

 

 

入会のお勧め

*美しく咲く花を見て心を和ませる方は少なくないでしょう。あの色かたちや香りが、一粒の種、一個の球根から生まれ出る不思議を共に感じてみませんか?

心籠める程に応えてくれる植物たちの正直さにつきあってみませんか?

*私たちのささやかな奉仕に、お力を貸して下さい。作業への参加がご無理な方は、経済面のご援助だけでも結構です。

ご入会下さる方は、藤田輝男、福田隆三、吉村輝夫までお申し越し下さい。

 

  

秋バザーにて                        A花壇

 

 

  

 B花壇                            前庭南東の斜面



前庭南東面の造園の様子(三光教会信徒の黒川正三氏のホームページにリンクしています)

ページ先頭に戻る