池    袋    聖    公    会
TOPページへ ご案内 ようこそ池袋聖公会へ 池袋聖公会の歴史・沿革 お問い合わせ
お知らせ アクセス 各奉仕活動・グループ活動 聖公会なんでもQ&A .
ようこそ、池袋聖公会へ
 管理牧師  司祭  ステパノ  卓 志雄
.
イエス様は「疲れた者、重荷を負うものは、だれでもわたしの
もとに来なさい。休ませてあげよう。」と言われました。                    
.
一人で背負いきれない重荷は「共に」担い合いたいと思います。 
そして、苦しい時にはイエス様のもとで休みましょう。「共に」
.
  嘱託司祭  アンデレ  橋本 克也


私は2015年4月から池袋聖公会に嘱託として
                      牧師館に定住しています。
.
イエスキリストの、「愛と平和」の心に聞いて、今のこの世界に、
多くの方々とご一緒に「愛と平和」の心を求めて伝え合いなが
ら歩んで行きたいと願っています。 
.  
「わたし・・・わたしたち変わります。」
.                                       管理牧師 司祭 ステパノ  卓 志雄
 弟子たちはイエスが苦難を受け十字架の上で死なれた時、ローマ帝国とユダヤ人が怖くて逃げてしまっ
た。そして部屋の中に隠れてすべてのドアを閉めて悲しんだ。イエスの弟子たちさえも復活がどのような出
来事であったかを理解することができなかった。・・・・聖書が語っている「復活」は、死んだ者が生き返ると
いう意味よりは、むしろ再び立ち上がる、立ち上がらせるという意味がより正確であろう。・・・・・そして「地 
域の人々(となり人)に仕えること」を通して、わたしたちの間におられる主の恵みを分かち合うことを目指
す営みである。」・・・・。
.
こちら」をクリックしてご一読下さい。復活日を祝う皆さんの様子もご覧いただけます。
             
 今 年 の「年 間 聖 句」で す
                               管理牧師 司祭 ステパノ  卓 志雄
 イエス様は「自分のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着よ
うかと思い悩むな。(マタイによる福音書6:25)」と語られました。そしてマタイによる福音書
7章7節を通してイエス様は「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、
見iつかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」と語られました。山上の垂訓という
イエス様の説教の中で書き記されたみ言葉ですが、池袋聖公会の年間聖句です。わたし
たちはあらゆる不安と悩み、恐れを抱えながら人生を歩んでいます。何をどうすればいいかわからなくな
った時、イエス様は語っておられます。
「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれ
ば、開かれる。」 マタイによる福音書7章7節
 祈りを捧げましょう。切実なわたしたちの祈りをイエス様はお聞きくださいます。そしてわたしたちの必
要を満たしてくださいます。悩む必要はありません。恐れる必要もありません。全てが与えられます。


「傷 つ い た 癒 し 人」
 ヘンリー・ナウインが晩年に著した365日の
黙想の書物「今日のパン、明日の糧」を毎朝
の食後に読んでもらっている橋本克也司祭。
「聴く度に、新たな感動と気付きを経験して慰
.められます」と語っておられます。
詳しくは「こちら」からご覧ください。
             
「6 年 ぶ り に 礼 拝 堂 が 再 建」
.
 10月初旬にAさんのご厚意により、東日本大震災で被災した福島県相馬郡新地町を3年ぶりに訪れる
機会に恵まれた。この町も震災で」大きな打撃を受けたが、海岸に近い地区(埒木埼字埒浜)にあった磯
山聖ヨハネ教会の建物は地震にも耐え、津波の被害も免れたが、建物自体が年月を経て古くなっており、
多くの人が集う場所であるため、行政から解体命令が下された。
その後、多くの方々の祈りと支援により、6年ぶりに再建される運びとなった。JR常磐線より内陸の地区
(埒木崎字熊野)に新しい磯山聖ヨハネ教会礼拝堂が完成。2017年6月24日に礼拝堂の聖別式が執
.り行われた。
私たちがこの礼拝堂を訪れたのは聖別式の4ヶ月程後であった。今回の旅でご一緒したコーラスグループ
の女性達が礼拝堂に備え付けのオルガンでカタロニア民謡「鳥の詩」を演奏して歌ってくれた。
          ・・・・ 人は人と別れてなにを思う   鳥は鳥と別れて春になる 秋になる ・・・・
メロディが歌詞が礼拝堂に響き渡り、やがて周りの田園風景に透き通り溶け込んでいった。今回の訪問
ではゆっくりした時間の流れの中で、被災地に思いを巡らすひとときが与えられたことに感謝を致します。
.

同教会の信徒の方のご挨拶を載せましたので「こちらからご覧ください

..



磯山聖ヨハネ教会(祈りの家)礼拝堂 祈りの庭(旧礼拝堂跡地)



祈りの碑(旧礼拝堂跡地) レンガ積み(旧礼拝堂跡地)
             
東京大空襲を体験して あの哀しみを繰り返さないために
 去る2017年8月15日に池袋聖公会で第41回敗戦記念日
祈祷集会が開催されました。礼拝に続いて記念講演が行われ 
ました。この講演の内容をもう一度振り返えってみたい、講演
記録を読みたいとの要望が出ました。そこでここに掲載するこ
とにしました。
講演者として戦災体験者であり、戦争の悲惨さを今なお語り
続け、平和憲法を守らなくてはいけないと活動を続けている
亀谷 敏子氏をお招きしました。
.
「今なお、哀しみ、苦しみの中におられます亀谷敏子さんの
上に神様のお守りが豊かにありますようにお祈りいたします」
.
講演の様子は「ここを」クリックしてご覧ください。


             
「聖 公 会 が 好 き!」
                                    管理牧師 司祭 ステパノ  卓 志雄
 英国の宗教改革の経験を通して「わたしは間違っているかもしれない。」「あなたが正しいかもし
れない。」「しかし真理はわたしの所有物だはない。」「絶対心理の持ち主である神が示してくださ
った道を共に歩もう。」という人間の不完全さをもっている群れだと聖公会は自らを定義しています。
むしろ・・・.
「こちら」をクリックしてご一読ください
             
このページTOPへ