池    袋    聖    公    会
TOPページへ ご案内 ようこそ池袋聖公会へ 池袋聖公会の歴史・沿革 お問い合わせ
お知らせ アクセス 各奉仕活動・グループ活動 聖公会なんでもQ&A .
ようこそ、池袋聖公会へ
 管理牧師  司祭  ステパノ  卓 志雄
.
イエス様は「疲れた者、重荷を負うものは、だれでもわたしの
もとに来なさい。休ませてあげよう。」と言われました。                    
.
一人で背負いきれない重荷は「共に」担い合いたいと思います。 
そして、苦しい時にはイエス様のもとで休みましょう。「共に」
.
  嘱託司祭  アンデレ  橋本 克也


私は2015年4月から池袋聖公会に嘱託として
                      牧師館に定住しています。
.
イエスキリストの、「愛と平和」の心に聞いて、今のこの世界に、
多くの方々とご一緒に「愛と平和」の心を求めて伝え合いなが
ら歩んで行きたいと願っています。 
.  
「恐れ & 怖れ & 畏れ」
.                                       管理牧師 司祭 ステパノ  卓 志雄
 牧師の趣味は?という質問に対して私は最近は映画鑑賞、特にホラー映画鑑賞だと答えます。ホラー
映画を観るとオソレという人間の本脳を直視出来るから好きです。しかし現実にはなかなか幽霊やお化け、
ゾンビなどは出てこないので「私は現実において何を怖がって、恐れているのか。イエス様に従っていこう
と努力している私は?]と問いかけます。イエス様は・・・・・
. ....................................................................................................................この続きはPDFをクリックしてご覧下さい。
             
.「・・・ 明日を待つ ・・・」.
                     司祭  ペテロ  井口 諭
 「ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、
九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を探しにいかないだ
ろうか。はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずに
いた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう」(マタイ 18・12
〜13)とあります。以前、ある人が、わたしは一匹を探しには行き
ません。九十九匹のほうが大事ですと言われました。
.
二十五年程前、アメリカ南部ミシシッピ川沿いで地平線まで続く


綿花畑を見ました。今は機械化されていますが、昔は黒人奴隷の人たちが、早朝から日没まで強い日差しの中
で働かされていました。手はガサガサ、腰も体もギシギシ、具合が悪くても休めません。プランテーションの真ん
中に主人の大きな立派な家があり、離れたところに奴隷の人たちの狭い粗末な住居がありました。
.
四十八歳の農園労働者のハリソンさんが脚の手術のために入院しました。彼は不整脈でもあり、手術のため
に麻酔を注射されると手術を延期させるほどに心臓に異常をきたしました。チャプレンの下で臨床牧会訓練中
のジョンが、廊下でハリソンさんと二回目の面談をします。ハリソンさんは、日常と全く異なる非人間的で機械
的な病院にあって混乱します。死への恐怖もありますあが、再び孤独であって重労働に戻ることにも恐れてい
ます。
ジョンは、ハリソンさんの死と生への恐怖を理解できずに別れます。ハリソンさんは翌日の手術中に帰らぬ人
となります。{「傷ついた癒し人」(第3章「希望なき人間へのミニストリー」)ナウエン著}。ナウエンは、人間は
生きるために他者を必要とする。「わたしがここにいてあなたを待っています」という呼びかけは、人間の生き
る力となり、死の鎖を打ち砕く。もし仮に、肉体の回復がなくても永遠の命へとつながれると述べます。
.
イエスは、迷い出た一匹を待つどころか、探しに出かけます。一匹の羊はイエスの肩の上で、明日へと生きる
希望を見出したのです。  完
                                                   清瀬だより No.180より
「傷 つ い た 癒 し 人」


 ヘンリー・ナウインが晩年に著した365日の
黙想の書物「今日のパン、明日の糧」を毎朝
の食後に読んでもらっている橋本克也司祭。
「聴く度に、新たな感動と気付きを経験して慰
.められます」と語っておられます。
詳しくはPDF]をクリックしてご覧ください。
             
「6年ぶりに礼拝堂が再建」
.
 10月初旬にAさんのご厚意により、東日本大震災で被災した福島県相馬郡新地町を3年ぶりに訪れる
機会に恵まれた。この町も震災で」大きな打撃を受けたが、海岸に近い地区(埒木埼字埒浜)にあった磯
山聖ヨハネ教会の建物は地震にも耐え、津波の被害も免れたが、建物自体が年月を経て古くなっており、
多くの人が集う場所であるため、行政から解体命令が下された。
その後、多くの方々の祈りと支援により、6年ぶりに再建される運びとなった。JR常磐線より内陸の地区
(埒木崎字熊野)に新しい磯山聖ヨハネ教会礼拝堂が完成。2017年6月24日に礼拝堂の聖別式が執
.り行われた。
私たちがこの礼拝堂を訪れたのは聖別式の4ヶ月程後であった。今回の旅でご一緒したコーラスグループ
の女性達が礼拝堂に備え付けのオルガンでカタロニア民謡「鳥の詩」を演奏して歌ってくれた。
          ・・・・ 人は人と別れてなにを思う   鳥は鳥と別れて春になる 秋になる ・・・・
メロディが歌詞が礼拝堂に響き渡り、やがて周りの田園風景に透き通り溶け込んでいった。今回の訪問
ではゆっくりした時間の流れの中で、被災地に思いを巡らすひとときが与えられたことに感謝を致します。
.
同教会の信徒の方の”ご挨拶”を載せましたので「PDF」をクリックしてご覧ください。 
..



磯山聖ヨハネ教会(祈りの家)礼拝堂 祈りの庭(旧礼拝堂跡地)



祈りの碑(旧礼拝堂跡地) レンガ積み(旧礼拝堂跡地)
             
このページTOPへ