池   袋   聖   公   会
私たちは池袋の地にあって、顔の見える関係、名前の呼び合える関係の中に
神さまが働かれることを信じ、祈りを通して集められている教会です。
....             ご一緒に「新しい出逢い」を探してみませんか。
...             みなさまと出逢えることを心からお待ちしております。


1925年(大正14年)、関東大震災直後の失意の内にある池袋
の町に希望の光となるべく建てられたのが今日の池袋聖公会です。
.
一人の医師、諏訪幹雄兄と薬剤師、松林清次兄と共に車の両輪
のような名コンビにより、初代牧師、村尾昇一師(後に主教)を助
け、医療と伝道の拠点として、活動を始められました。
.
診療は献金制度として行われ、この献身的な奉仕が伝道となり、
ここに集う人々は次第に増えていきました。


その後、先の大戦によって教会が消失という苦難の時代を迎え
ましたが、離散した信徒を一人ひとり訪ね歩いた信徒の力に支
えられ、1950年に教会再建、さらにその後三年後、現在の地
に礼拝堂を新築するに至りました。
現在の礼拝堂は1991年に新築されたもので、豊島区の遊歩
道を借景にした聖堂玄関につながる階段は、人々の憩いの場と
なっています。
 礼 拝 の ご 案 内


.日曜日 10:30 ..聖餐式・説教
.第3日曜日 聖餐式の中.逝去者記念代祷をで行います
.聖 日 08:00 .聖日聖餐式
.不定期 08:00 .朝の礼拝
集 会 の ご 案 内
.第2水曜日 19:00 .聖書の会
.第4水曜日 19:00 .夕の礼拝
19:30 .黙想会   主催:黙想会準備会
.日曜日 礼拝後 .愛餐会(原則第1・第3 8月を除く)
.第2・第4日曜日 14:30 .ビルマの祈りの集い
.第4日曜日 13:30 .マリア会(年4回)
.第5日曜日の
   前日の土曜日(原則)
15:00 .ヨセフ会


      毎月の礼拝・集会の詳細は「お知らせページをご覧下さい
今年の年間聖句が決まりました
 当教会では例年、年末に来年度の年間聖句の募集を行い、年が明けて2月の堅信受領者総会
の席上で信徒の投票により、その年の年間聖句を決めております。
決定した聖句は教会活動の指針の一つとして活用したり、何かの折に触れて信徒同士で聖句の教
えについて思いを新たに、心を一つにして交流を深めております。更に、教会内に掲示したり、教会
報やホームページに掲載して宣教活動にも取り入れております。
今回 、応募のあった中からベスト5を投票数の順番ではなく、順不同に並べてみました。
.
・平和を実現する人々は、幸いである。その人は神の子と呼ばれる。 マタイによる福音書 5:9
・喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。 ローマの信徒への手紙 12:15
・いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。 テサロニケの信徒への手紙1. 5:16
・人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。 マタイによる福音書 7:12
・二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。 マタイによる福音書 18:20
.
上記5点をご覧になっていかがでしたか。応募者の思いや意志が込められているのではないでしょうか。
.
今年のトップ当選は次の聖句です。
     「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」 テサロニケの信徒への手紙1. 5:16
.
この聖句は辛く苦しい状況に置かれている人々への使徒パウロからの励ましの手紙です。いつも喜び、どんなことに
も感謝するには、祈りが欠かせないと教えています。これがキリスト・イエスにあって神がわたしたちに求めているこ
となのです。
   このページTOPへ