聖路加国際大学 聖ルカ礼拝堂

チャペルコミュニティ

TOP > チャペルコミュニティ

どういうコミュニティ?

約120人が毎週チャペルに集まり、礼拝を守っています。チャペルの関係者は、それぞれ自分の祈りと生活、さまざまなボランティア活動などを通して、そしてチャペルとしての祈り、活動、寄付を通して、「キリスト教の愛を常に示し続ける」ように励んでいます。このチャペルの礼拝は、はじめての方も、他の教派の方も、どなたでも自由に参加できます。チャペルは日本聖公会に属していますが、聖公会以外の教会で洗礼を受けた方も、まだ洗礼を受けていない方もこのコミュニティーを自分の祈りの場として関わっています。
img

チャプレンの紹介

司祭 ケビン・シーバー
1967年アメリカに生まれ、1991年来日し、サラリーマンとして働く。2001年バージニア神学校に入学、総合病院で臨床牧会教育を受け、2004年卒業。再び来日、聖公会神学院を経、品川区の三光教会、香蘭女学校に勤め、2007年より聖路加国際大学チャプレン、2012聖ルカ礼拝堂牧師に。現在に至る。
牧師
司祭 上田 憲明
1982 年関西大学英文科卒業。1985年聖公会神学院卒業。1991年まで聖公会横浜教区勤務。1998年よりハワイ・クイーンズ病院などで臨床牧会教育(Clinical Pastoral Education)を受け、2001年〜2002年クアキニ病院チャプレンを経、2003年に聖路加国際病院協働チャプレンとなり9年間勤める。また2014年10月からキリスト教センターチャプレン、聖ルカ礼拝堂副牧師に。現在に至る。
チャプレンとは

病院、学校など施設にある礼拝堂は「チャペル」と言い、その 専任牧師は「チャプレン」と呼ばれます。
チャプレンのおもな 仕事は、施設の利用者やスタッフの相談を受けること。

奉仕
チャペルには以下の奉仕グループがあり、それぞれが神様に捧げる活動をしています。
信徒奉事者(礼拝奉仕)、オルガニスト(オルガンの奏楽)、サーヴァー(聖餐式の倍待奉仕)、アッシャー(受付・案内)、オルターギルド(祭壇・祭服の準備)、お茶のサービス(礼拝後の歓談のための茶菓の準備)、聖歌隊(聖餐式でのアンセム奉唱)、日曜学校(こども礼拝)、小児病棟「うたの会」(小児病棟での歌とお祈り)、緩和ケア集会
交わり
チャペルでは毎主日の聖餐式のあと、交流をかねてお茶とお菓子をいただきながら歓談の時を過ごします。夏には子どもクラスを中心としたファミリーキャンプを企画し、家族とともに親睦を深める機会としています。またイースターやクリスマスの礼拝のあとには祝会を開き、ご復活・ご降誕をともにお祝いできることを分かち合っています。
学び
いずれの会にも、どなたでも自由に参加できますので、お気軽にお越しください
場所:旧館2階 プライベートルーム(チャペルの隣)
聖書を読む会(新約聖書:ケビン先生)
 第1・3木曜 午前10時〜11時30分
聖書を読む会(旧約聖書:上田先生)
 第2・4火曜 午後5時30分〜6時45分
ロビーで語り合う会
 第2・5日曜 午後12時30分〜1時30分