聖路加国際大学 聖ルカ礼拝堂

キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ01 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ02 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ03 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ04 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ05 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ06 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ07 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ08 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ09
新着ニュース
今週の予定
5/8(水)8:45 聖餐式(トイスラーホール)

5/12(日)アンセム「司祭が香とパンを神に捧げるとき」、病院本館停電検査のため、夕の礼拝は旧館臨時チャペルにて行われます。
今週のメッセージ
復活節第4主日メッセージ
「わたしと父とは一つである」(ヨハネ10:30)

イエスが上の発言をなさると次の瞬間ユダヤ人の指導者たちは「イエスを石で打ち殺そうとして石を取り上げた」(31節)。ただの人間が自分を天の父なる神と同列に置こうとするのは冒涜罪以外の何物でもない。指導者たちはイエスの厚かましさにひどく腹を立てる。(実際にこの発言がイエスの死刑のいちばんの理由となった。)ところが、もしも天の父なる神ご自身が地上に現れたとしたら、イエスと何か違う路線を進まれただろうか。病に苦しんでいる人をいやし、生きる意味を失った人を励まし、心がずたずたになっている人を慰め、神に見捨てられたのではないかと絶望している人に力強く神の愛を伝え届け、あらゆる不正に対して声高に反対し、あらゆる悪に立ち向かい、ご自分の散らばって弱っている羊の群れを再び集めようとしてきたイエスは、見る目のある人にとって、まさに「父と一つである」としか思えない…
(司祭 ケビン・シーバー)

礼拝案内 どなたでも、ご自由にご参加ください。

日曜日
聖餐式 午前7時(約35分)/トイスラーホール(本館)
こども礼拝
日曜学校
午前10時(礼拝部分約20分)/チャペル(旧館)
聖餐式・説教 午前10時半(約1時間半)/チャペル(旧館)
夕の礼拝・教話 午後5時(約55分)/トイスラーホール(本館)
※第1日曜日の礼拝は「いやしの祈り」
※第3日曜日の礼拝は英語の礼拝となります。
平日(病院の外来休日を除く)
月・火・木・
金曜日
水曜日 聖餐式:
午前8時半(約25〜30分)
/トイスラーホール(本館)

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。