聖路加国際大学 聖ルカ礼拝堂

キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ01 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ02 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ03 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ04 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ05 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ06 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ07 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ08 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ09
礼拝の休止
高橋主教の指示を受け、3月8日よりすべての公祷と集会を休止となっています。また、主教から次の依頼が来ています:

「救い主キリストが授けてくださった『主の祈り』は、『わたしの』ではなく『わたしたちの』祈りであることを心に深く刻み、今後も毎主日正午には復活日同様、共通の信仰的業としてこの祈りを継続したいと思います。」

公祷は休止となっていますが、今こそより一層祈る時期だと感じます。チャペルでは 日々、皆さんを覚えて祈っています。皆さんにも祈っていただければ心強いです。一刻も早く顔を合わせて一緒に賛美できる日を心から願っております。

毎主日に教区を代表して主教が献げてくださる聖餐式の動画はこちら:
https://cattyo-news.blogspot.com/p/euvideo.html
新着ニュース
5月24日の聖書日課
復活節第7主日(昇天後主日)(A年)
〈聖書日課〉
特祷 祈祷書223ページ
旧約聖書 エゼキエル書39:21-29
詩編 47編
使徒書 使徒言行録1:8-14
福音書 ヨハネによる福音書17:1-11

*聖書を手元にお持ちでない方は、少し使い方が不便ですが、例えばhttp://ebible.jp/bsrch/srch.htmlで新共同訳聖書の語句を探したり表示させたりできます。
*東京教区主教座聖堂のWebページhttp://www.anglicancathedral.tokyo/で、高橋主教司式の聖餐式動画を視聴することもできます。
今週のメッセージ
2020年5月24日
「イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。」(ルカ24:50-51)
イエスさまの手についていろいろ黙想してみよう。赤ん坊のイエスさまの手。あんな形で、天という自由自在に動ける、栄光に満ちた次元から、全能の神のみ子がご自分を弱く、低くして、わたしたち弱い人間と同じレベルまでへりくだり、この世に現れたのだ。その赤ん坊が成長して義理のお父さんヨセフに倣って大工となった。小さい、しわしわの手が硬い、たこだらけのたくみの手になった。30歳の頃、天の父に召し出され、神さまの愛の国を教えながら巡り歩くイエスさまはある日、重い皮膚病を患っている人に出会う。周りの人に感染することを恐れられ、家と町から隔離され、辛い、寂しい、苦しい日々を長年過ごしてきたこの人がイエスさまに、「主よ、み心ならば、わたしを癒すことがおできになります」と言った。すると、イエスさまは躊躇せず、感染されることを恐れず、ご自分の手をその人の上に置き、癒してくださった。神さまの愛の国はこのようなものだ、と。最期の晩餐の席で、翌日のご自分の十字架を意識してイエスさまはパンを手にとり「これはわたしの体だ」と言われた。わたしがあなたたちの命を養う者だ、と。そしてぶどう酒の杯を手にとり「これはわたしの血だ」と言われた。わたしの犠牲によってあなたたちの罪は赦され、サタンの支配から自由になる、と。そして翌日、ついに十字架の上で、世界中の弱い人、道に迷う人、悲しむ人、絶望する人を抱きしめられるように、イエスさまは両手を広げて、ご自分の命をささげられた。三日後、復活したイエスさまは、十字架の釘で刺されたその手の傷跡を弟子たちにお見せになった。ほら、天の父の愛は死よりも強いものだ、と示された。そして昇天の出来事。イエスさまは手を上げて弟子たちを祝福した。祝福しながら天の父のもとに、時空を超えたその次元に戻られた。イエスさまの手を見て天の神さまの心を知ることができる。わたしたちを愛してやまない、共にいてくださる神さま。わたしたちを祝福したい神さま。わたしたちの真の喜びを望まれる神さま。その永遠の喜びのためにみ子をお与えになった神さま。何があっても決して見捨てることのない神さま。(司祭 ケビン・シーバー)

礼拝案内 どなたでも、ご自由にご参加ください。

日曜日
聖餐式 午前7時(約35分)/トイスラーホール(本館)
こども礼拝
日曜学校
午前10時(礼拝部分約20分)/チャペル(旧館)
聖餐式・説教 午前10時半(約1時間半)/チャペル(旧館)
夕の礼拝・教話 午後5時(約55分)/トイスラーホール(本館)
※第1日曜日の礼拝は「いやしの祈り」
※第3日曜日の礼拝は英語の礼拝となります。
平日(病院の外来休日を除く)
月・火・木・
金曜日
水曜日 聖餐式:
午前8時半(約25〜30分)
/トイスラーホール(本館)

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。