招宴 2012年12月号 牧師巻頭言から

 

そうか、イエス様はそのためにお生まれになったのか


牧師 司祭 バルナバ 前田(まえだ) 良彦(よしひこ)


 街の中にはクリスマスが溢れる季節になりました。繁華街に出ますとクリスマスのイルミネーションが沢山見えます。教会も早く準備しないと……?と考えて、なんかヘンかなと考えてしまいました。 昨年、クリスマスの前に「聖書を後ろから読む」ことを記しましたが、この季節になると毎年、イエス様のご復活の記事から順に前に戻って読むと「そうかイエス様の誕生はそういうことだった」と納得が出来るように思います。 今年はクリスマス・クリブをガラスのケースに入れて、地域の人たちにクリスマスが目に見えるようにしたいと教会委員会で考えたのです。バングラデシュのクレオパさんが制作した、木彫りの素朴なクリブです(写真)。


Christmas crib
当教会クリスマス・クリブ: クレオパ・レマ(故人)作 「ご降誕の場面」

イタリアや英国製ではありませんから土の匂いがするような気がします。ユダヤのベツレヘムで人に知られず生まれ、数人の羊飼いに囲まれた光景はこのようなものではなかったでしょうか。 神様はご自分の独り子をこのような形で私たちの間に遣わされました。神の輝きは人が弱い存在を受け止める形で現されたのです。それはまさに人を本当に 大事にする(愛する)ことでありました。私たちはクリスマスの出来事を通して、神様が心から 私を受け止めてくださっていることを確認し、神様から頂いている恵みを他の人々と分かち合う人生の旅に向かうように勧められているのだと思います。 海外の友人たちからクリスマスカードが届き始めています。早くから準備をしていたのでしょう。クリスマスは友人知人がお互いを思い遣る季節でもあります。私たちも他の人々や暗闇 の中に立ち竦んでいる人々を思い遣ることが出来るように神さまの導きを祈りたいと思います。



end of summer
招宴巻頭言
  • 招宴最新号
  • 2012年招宴12月号
  • 2012年招宴10,11月号
  • 2012年招宴8,9月号
  • 2012年招宴7月号
  • 2012年招宴5,6月号
  • 2012年招宴4月号
  • 2012年招宴2,3月号
  • 2012年招宴1月号

  • 牧師コーナー
  • 最新のメッセージ
  • 2012年11月
  • 降臨節前主日
  • 聖霊降臨後23-25主日
  •   10月
  • 聖霊降臨後22-19主日
  •   9月
  • 聖霊降臨後14-18主日
  •   8月
  • 聖霊降臨後10-13主日
  •   7月
  • 聖霊降臨後第5-9主日
  •   6月
  • 聖霊降臨後第1-4主日
  •   5月
  • 聖霊降臨日
  • 復活節第5-7主日
  •   4月
  • 復活節第2-4主日

  • 東日本大震災被災者支援
  • チャリティーコンサート