主教からのメッセージ

主教 フランシスコ・ザビエル 髙橋 宏幸

 新年のご挨拶を申し上げます。
 閏年を除けば一年365日、一日24時間、一時間60分と全人、全世界共通です。共通しているからこそ、生活上、仕事上、種々の約束をする上でも便利であるとも言えましょう。もし、この数字が、個人の好みや都合、国や地域によって決められたり、好き勝手に操作されたりすることが起ころうものなら混乱を招くこと必至でありましょう。
 どこででも、誰にでも共通の数字、時の刻み方であるにもかかわらず、年々時の経つ速さを痛感させられます。時計の針のスピードが速まったわけではありませんし、カレンダーが一枚減ったわけでもありません。私たちの感じ方、時というものに対する在り方、生き方そのものに因るところ大であると思えてなりません。大都会東京で働いている時に感じる時間の流れや速さと、都会を離れて大自然の中でゆったりと過ごしている時に感じる時間の流れはどこか違った感じがします。楽しいこと、好きなこと、心込められることをしている時、時間はあっという間に流れます。嫌なこと、苦痛を伴うことしている時には1分が1時間にも感じることがあります。
 取り分け一月前の12月は「師匠も走る」と書くだけに、忙しい様を彷彿とさせられますが、わが国ではクリスマスあり、年賀状あり、お正月の準備あり、神社への初詣ありと、マンガの世界なら神様も右往左往する様子が描かれるかも知れません。  
 さて、肝心要の聖書には、「神様の時間」というものが描かれています。新約聖書の原語であるギリシャ語では時計やカレンダーで計れる時間を表す「クロノス」と、神様の働きがなされている「まさにその時!」を表す「カイロス」とがあります。時に、このカイロスは異常な程ゆっくりとしたものに感じることがあります。せっかちな人なら「待っても、待っても一向に」という思いに駆られるでしょう。エジプト脱出然り、カナン定住までの道のり然り、イエス様のお誕生を巡っての出来事然り、イエス様の荒野での出来事然り、神様の働きはじっくり、ゆったりとも言えます。しかし、同時に着実に、確実にでもあります。待つことが苦手になった現代人には聖書のメッセージは相容れなくなったとは思えません。むしろ、生き急ぎ、生き急がされているこちらに課題があるようです。

2020年1月

主教からのメッセージ

主教 フランシスコ・ザビエル 髙橋 宏幸

  子どもの頃も学生時代も、1分は60秒で1時間は60分、1日は24時間、1年は閏年でなければ365日、その長さは全く変わっていないにもかかわらず、時の流れの速さを痛感します。「世の中が目まぐるしくなったから」と言う人もいるでしょう。「スピーディーな時代になったから」という意見もありましょう。数多意見や考え方はありますが、一番は、やはり「自分が感じる」という点にあるようです。
 そのような中、十字架を目前にされたイエス様が、ベタニアに暮らすマルタに言われた言葉、「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している」を、時折思い浮かべます。イエス様は、マルタを非難してはいらっしゃいません。見下してもいらっしゃいません。そうでは無しに、マルタの選び違いを指摘していらっしゃいます。その背景には、次のことがありました。マルタには妹のマリアがいます。ところが、姉がイエス様への持てなしで忙しなく働き、動き回っている一方で、妹のマリアはイエス様の足もとに座って、その話に聞き入っていました。普通に見れば、姉が忙しく働き中、座って話に聞き入り、手伝おうともしない、気が利かない妹と非難することもできることでしょう。しかし、この期に及んではイエス様には時間がありません。十字架は、直ぐ目の前に迫っています。マルタは、心を込めてイエス様を持てなそうとはしていますが、ある種「マニュアル的」な彼女は、「今この場面では?」という判断、選択、応用が利きませんでした。
 一方、妹のマリアは、状況を敏感に感じ取る力に長けていたように見受けられます。状況を敏感に感じ取り、目の前にいらっしゃるイエス様と、その置かれた状況を感じ取り、心を向けることができたからこそ、この場でのより望ましい選択をすることができました。それを裏付ける、「必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」というイエス様の言葉が後に控えています。
 今の時代、選択肢が多すぎるがゆえに、選び取ることの難しさが増し加わっていることも感じます。けれども、選択肢がいくら増えようと、大事なことは自分の中に揺るぎない基準と軸の有無のはずです。また、余り意味の無い比較に一喜一憂したり、心を乱したりするのも、同じく自分の中の揺るがぬ基準と軸の有る無しに因るのでしょう。もちろん、いとも容易く基準や軸を作り上げられるのならありがたいことですが、中々上手い、手っ取り早い方法は見つかりません。けれども、手っ取り早さだけを求め、マニュアルやHow Toに走るのも、これまた危険でもありましょう。
 しかし、私たちの周りには数え切れない程の命の営みがあります。まさに「生きた教科書」「軸を創(造)る生きたヒントの宝庫」と言えます。「命ある人から学ぶ、人に学ぶ」ことを蔑ろにすることだけはしたくないものです。

2019年6月21日

新主教からのメッセージ

主教 フランシスコ・ザビエル 髙橋 宏幸

 物事には得手不得手とありますし、皆が皆プロになれる訳でもありません。しかし、そこには教え方、教わり方というものも大きく関わっているようにも思えます。例えば、スポーツの世界では、「もっと足を動かせ!」「膝を柔らかく使え!」「もっとしっかりボールを見ろ!」と、何度も何度も言われますけれども、誰もが直ぐに出来るようになれば苦労は要りません。幾ら励ましているつもりでもあっても、肝心の相手に叱責としてしか響かなければ、却って緊張感を与えるだけでしょう。
 むしろ、なぜ上手くいかないのか、その理由を一緒に考えるという大切なプロセスを経て、さらにこういうアドバイスの仕方もあるはずです。それは、「あと一歩頑張れば追いつけたぞ!」「今のボールは生きていたぞ!」「体の軸がぶれていなかったから、今のボールは体重がのっていたぞ!」等々、いいところに目を付け、褒めることで、技術が上向きになるだけではなしに、余分な緊張もほぐされていくことでしょう。
 スポーツに限らず、どうしていいか分からずにいるところへ、やれ「下手だ」、「何で早く走れないんだ!」と厳しく言っているだけでは、相手には励ましとしては響き難いことでしょうし、加えて余分な緊張をも強いることになるでしょう。否定的な言い方や発想よりも肯定的なものの言い方や発想は、その先に生み出す可能性を遥かに豊かに秘めているはずです。
 イエス様は、ものわかりの悪かった弟子たちを見放すこと無く、優しく、時に厳しく育て続けられました。そして、その根底に置かれていた心とは「無い物探しの心」ではなしに、「有るもの探しの心」でした。もっとも、無いものを探し続けても、無いものは無いままです。有るものを探し、一緒に喜ぶ、そこには人を育て、伸ばす極意とも言えるものが潜んでいたことでしょう。無いもの探しにエネルギーを費やすことではなく、有るもの探し、与えられているもの探しにエネルギーを注ぎたいものです。

2019年1月18日