つながろう

未分類
震災後の志賀原発と珠洲
「Jʼsキャンプのフィールドワークを通して」 能登半島地震から3ヶ月、志賀原発とかつての原発建設予定地/珠洲を訪れて

能登半島には現在運転停止中の志賀原発があり、能登半島地震の震央の珠洲市は過去に原発建設の候補地となった地域でした。松山健作司祭は、ご自身も石川県金沢市内で地震を体験され、3月に能登半島で行われた「J’sキャンプ」を通して感じたことを今回記事としてまとめくださいました。日本には原発を立てるのに安全な場所はどこにもありません。私たちの行動が未来の人の生活に影響し、繋がっていくことを改めて考えさせられます。

続きを読む
未分類
Zoom Café レポート「いのちを考える〜原発のある地域でくらして〜」全文掲載

原発問題プロジェクトでは2ヶ月に1回、Zoom Caféを開催しています。7回目となる4月20日(土)のZoom Caféでは、日本聖公会の鹿児島復活教会の信徒の川﨑祐子さんから「いのちを考える〜原発のある地域でくらして〜」のお話を伺いました。川﨑さんのご厚意により当日の資料を共有いただきましたので、ご紹介します。

続きを読む
未分類
Zoom Café を開催します。「いのちを考える〜原発のある地域で暮らして〜」

原発問題プロジェクトでは、偶数月の第3土曜日にZoom Café を開催しています。今回のお話しは、川内原子力発電所の近くでお仕事をされる川﨑祐子さん(鹿児島復活教会信徒)。原発は日本各地に存在し、私たちの身近な問題です。川﨑さんのお話を聴き、私たちを取り巻く原発について一緒に考えませんか?

続きを読む
未分類
Zoom Café を開催します。「能登半島地震から考える原発と私たちの生活」

原発問題プロジェクトでは、偶数月の第3土曜日にZoom Café を開催して、私たちを取り巻く原発のことについて、お茶を片手にいろいろな人からお話しを聴いたり、話し合ったりしています。今回のお話しは、中道雅史さん。地震列島日本に立地する各地の原子力発電所。能登半島地震から、原発と私たちの生活についても、ご一緒に考えてみませんか?

続きを読む
未分類
Zoom Cafe を開催します。

原発問題プロジェクトでは、2ヶ月に1回、ZoomCafeを開催して、原発のこと、地域のこと、など集まった方々とお話をしています。今回のテーマは「こどもたちと原発」。福井県小浜市で牧会をする古賀久幸司祭のお話を聞きます。

続きを読む
未分類
共に担い合うことを目指して – 聖公会生野センター創立30周年記念感謝礼拝にて

2022年10月10日、聖公会生野センター創立30周年記念感謝礼拝が、大阪にありますプール学院中高メアリーズホールで行われました。この記念感謝礼拝、そしてシンポジウム会場の入口に、聖公会管区原発問題プロジェクトのブースを設置させて頂きました。

続きを読む
未分類
聖公会生野センターと原発問題プロジェクトをつなげたい – 課題・痛みの共有と「見えない壁」

日本聖公会が2012年に表明した「原発のない世界を求めて -原子力発電に対する日本聖公会の立場-」の決議文書の中に、原発労働者、またウラン採掘等に従事させられ被…

続きを読む
未分類
「2021.11.13 汚染水を海に流すな! 海といのちを守る集い」動画紹介

私たちは、「いっしょに考えよう!福島原発のトリチウム汚染水」をタイトルにして記事を載せてきました。溶融デブリに浸されALPSで処理した汚染水を、「ALPS処理水」「トリチウム汚染水」等といくつかの言葉を用いていますが、処理水をどう呼ぼうが、それはどこまでも「放射能汚染水」です。去る11月13日に行われた「汚染水を海に流すな!海といのちを守る集い」での漁業者や、放射能に翻弄される地元のお母さんたちの生の声を聞いてください。そして、私たちも「希釈放射能汚染水の海洋投棄は止めて!」の声を大に発していこうと思います。

続きを読む
未分類
汚染水海洋放水に対する抗議声明

2021年4月の関係閣僚会議において、福島第一原発にたまり続けている汚染処理水の海洋放出を、2年後を目途に開始することが決められました。海外の反応はさまざまです…

続きを読む
未分類
聖光幼稚園のおひさま発電プロジェクト

2020年、京都市にある聖光幼稚園が園舎に太陽光パネルと蓄電池を設置しました。幼稚園と地域が一体となった取り組みは、大人だけの問題ではなく、幼稚園の子どもたちに自然への意識を身近に持たせ、「よりよい社会は自分たちの手でつくっていけるんだ!」という経験をつくりました。

続きを読む