主教教書 新型コロナウイルス感染症に伴う注意喚起

2020年2月6日

主教 フランシスコ・ザビエル 髙橋 宏幸

新型コロナウイルスによる感染症発生が報じられ、国内でも感染事例が公表されています。
同感染症をめぐり、不確かな情報に基づいて、いたずらに不安をあおるようなことは避けなければなりませんが、感染予防への備えは不特定多数の方が集まる教会に於きましては不必要とは思えません。
つきましては、教会内外の人びとの健康を祈り、より良い行動をとられるよう、当面の間、以下のことを心に留めてくださるようお願い申し上げます。

1 飛沫感染予防・ウイルス拡散を防ぐためマスクの着用と、こまめな手洗いの心がけをお願いいたします
聖堂や会館等の入口に手指消毒用のアルコール設置をお願いいたします
2 体調不良の場合は、無理をせず聖餐式への参加自粛をお願いいたしします
咳、発熱、呼吸困難の場合や、37度以上の発熱など、風邪の症状がある時は当面の間、
聖餐式への出席はお控え下さるようお願いいたします
3 聖水盤のある教会では、使用を控えるようお願いいたします
4 聖餐式中のマスク着用は構いません また、聖書朗読者やアコライトなどの礼拝奉仕に携わる方がたも同様、マスク着用は構いません
5 司式者はじめ御聖体を扱う方がたは、聖餐式前の入念な手洗いをお願いいたします
6 日頃、インティンクションの形を取られている際には、サーバーや信徒奉事者にパテンやシボリウムを持っていただくなどして、司式者(分餐者)が聖体をブドウ酒に浸して授ける方法をお取りください
  但し、このケースが困難な際には、あるいは一種陪餐を希望される方が生じた際には、非常時ゆえに一種陪餐での対応もご考慮ください
7 教役者に体調不良や、発熱などが生じた場合には、聖餐式執行を自粛するようお願いいたします
  なお、その際には「み言葉の礼拝」等、信徒の方がたによる礼拝を守られるようご考慮ください。その際には急なことであり、教話はなくても構いません
8 「平和の挨拶」は、握手等は避け、会釈に留める等ご考慮ください
今後も推移を見守りますが、行政から集会自粛要請があった場合はそれに従い、対応を定めてまいります
尊い命を失った方々の魂の平安、感染した方々の回復と感染の収束を切に祈ります
(尚、この文書は、日本カトリック教会東京大司教区菊地功大主教が2020年1月31日に出されました「注意喚起」を参考に、日本聖公会の礼拝に適当な言葉遣いに書き換え、編集したものです)